技適マークがついて最強になったYONGNUO ラジオスレーブYN560TX-Ⅱ【レビュー】

YONGNUO YN560TX II 背面

今までYONGNUO(ヨンヌオ)のラジオスレーブは禁止危機のリストに掲載されていないものの、技適マークがついていないということで、日本の電波法においてグレーゾーンでした。

しかし!!YN560TX-ⅡというⅡ型にバージョンアップしてからはCanon用、Nikon用共に技適マークが付いており、日本国内で電波法違反などの問題がなく使用できるようになったのです!!

結果、YONGNUO YN560 III Speedlightと合わせて最安で多灯ストロボを無線発光できる、最強のラジオスレーブ(無線発光器)になりました!

YONGNUO YN560 III Speedlight(全メーカー対応)
Amazon楽天Yahoo!
スポンサーリンク

 圧倒的コスパ

YN560TX-Ⅱの価格は約4,500円です。

YONGNUO YN560TX II 技適マーク付き ワイヤレスフラッシュコントローラ
Amazon楽天Yahoo!

YONGNUO YN560 Ⅲ Speedlightが約7,000円なので、1灯をオフカメラストロボ(ストロボをカメラから取り外して発光すること)が約11,500円で可能となります。

ちなみに、これを純正でそろえようと思えば、Amazon価格でラジオスレーブが22,627円、ガイドナンバー60のストロボが58,500円で、81,127円も必要となります!!((((;゚Д゚)))))))(2020年3月時点)

なんと、7倍以上の金額が必要です!!

そして、同じように中国製のサードパーティー製ストロボのGODOXでも16,500円と、5,000円も差があり、1灯増やすごとに1,000円ずつ差が開いていきます。

GODOX Thinklite TT600 フラッシュ スピードライト マスター/スレーブフラッシュ
Amazon楽天Yahoo!
GODOX Xpro-C フラッシュトリガー
Amazon楽天Yahoo!
スポンサーリンク

 技適マークは本当にあるの?

YONGNUO YN560TX II 技適マーク技適マークはⅡ型になってから取得したようで、裏蓋を開けたところにあります。

Nikon用製品、Canon用製品共に、ここに技適マークがあり、安心して使用することができます。

スポンサーリンク

 最大6グループのストロボ操作が可能

YONGNUO YN560TX II 操作画面

6グループのストロボの出力とズーム値を変更することができます。

最初に表示されているのはA~Cグループですが、一番左側のボタンを長押しすると、D~Fグループも設定できるようになります。

スポンサーリンク

 その他

Ⅱ型になって装備されたのは技適マークだけではなく、クイックロックもです。ホットシューに取り付けてワンタッチでロックができます。

さらに、16チャンネルあり、他と被ることはまずありません。

そして、発行可能距離は100mと、かなりの距離があります。

スポンサーリンク

 まとめ

YN560TX-Ⅱがあると、オフカメラライティングは当然可能ですが、いざ発光してみた際に多少明るい、多少暗いというときにすぐに手元で調整できるのが本当に便利です。

何より、最安のオフカメラストロボというのが大きいです。

Ⅰ型の頃から最安でしたが、当時は日本の電波法に違反する可能性があるものでした。

しかし、Ⅱ型になって技適マークを取得し、違法ではなくなったことで正真正銘、正々堂々のコスパ最強ストロボになりました。

YONGNUO YN560TX II 技適マーク付き ワイヤレスフラッシュコントローラ
Amazon楽天Yahoo!

ストロボYN560Ⅲの紹介は以下のリンクからご確認ください。

激安だけど、使い勝手最高の中国製ストロボ「YONGNUO YN560 III Speedlight」【レビュー】
コスパ最強の中華製ストロボ、YONGNUO(ヨンヌオ)のYN560 Ⅲを紹介します。ラジオスレーブが使えるストロボの中では最安の製品で、オフカメラ(カメラから外して光らせる)や、多灯ライティングを行うには高コスパクリップオンストロボです。

それでは、他のページも見ていただいて、一緒に写真のある生活を楽しみましょう♪

少しでも疑問が解消できたり、参考になったという方はシェアボタンを宜しくお願いします!!m(_ _)m

どんぐり出張フォトサービス
この記事が役立ったら
いいね!しよう
ブログ更新情報やサービス情報をお届けします
ストロボ
スポンサーリンク
windkindaiteiをフォローする
旅好きカメラマンの備忘録

コメント