スポンサーリンク
カメラ基本

ミラーレス一眼と一眼レフの違いって?どっちを買うべき?

一眼と言っても、ミラーレスとレフ機があります。それぞれどのように違うのか、構造を図説し、それに基づいたそれぞれのメリット・デメリットを比較します。また、どちらを買うべきかという点に関しても、あくまでも個人の考えですが、触れています。
レンズ

超広角激安レンズSAMYANG14mmF2.8【レンズレビュー】

韓国製レンズのサムヤン14mmF2.8という超広角単焦点レンズの機能、デメリットを紹介します。何よりまずは、このレンズはとても安く、超広角の世界が4万円程度で入手できます。星専用と言われるこのレンズの作例も紹介しています。
撮り方

写真をおしゃれでかわいい雰囲気にしてくれる玉ボケの撮り方

背景に丸く可愛らしいボケが入っているファンタジックな写真を見たことがありませんか?これは玉ボケと言って、写真が可愛いくなるテクニックの一つです。この記事では玉ボケを写すための方法と、おすすめレンズを紹介し、関連する別の記事も紹介します。
小物等その他

6DMarkⅡ専用バッテリーグリップ、BG-E21【レビュー】

6DMark2専用のバッテリーグリップBG-E21を紹介します。バッテリーグリップとは何か、どんなメリット、デメリットがあるのか、6DMark2のボディと専用グリップであるこのバッテリーグリップとの相性や使用感などを紹介します。
ボディ

唯一のバリアングル搭載小型フルサイズレフ機、6DMarkⅡ【レビュー】

最小最軽量フルサイズレフ機、バリアングル搭載のフルサイズレフ機である6Dmark2のレビューです。上位機5Dmark4との比較や、エントリーモデルとの比較の上、おすすめポイントや作例を紹介します。また、購入するならレンズキットをお勧めしませんので、その辺りも記載しています。
ストロボ

技適マークがついて最強になったYONGNUO ラジオスレーブYN560TX-Ⅱ【レビュー】

技適マークがついて、日本の電波法の問題をクリアしてコスパが最強となったYONGNUO(ヨンヌオ)のラジオスレーブ(無線機)YN560TX-Ⅱの紹介とレビューです。オフカメラで発光できる最安のストロボ・最安のラジオスレーブで、手元で3グループに分けて明るさを調整できます。
ストロボ

激安だけど、使い勝手最高の中国製ストロボ「YONGNUO YN560 III Speedlight」【レビュー】

コスパ最強の中華製ストロボ、YONGNUO(ヨンヌオ)のYN560 Ⅲを紹介します。ラジオスレーブが使えるストロボの中では最安の製品で、オフカメラ(カメラから外して光らせる)や、多灯ライティングを行うには高コスパクリップオンストロボです。
カメラ基本

一眼に適したSDカードは?SDカードの選び方

一眼のみならず、多くの電子機器で必須のSDカードですが、SD、SDHC、SDXC等いろいろあって違いがわからないという方も多いのではないでしょうか?他にも色々な数字が書いてあって、複雑に感じるかもしれません。それらを説明し、SDカードを選ぶポイントや、お勧めのSDカードを紹介します。
カメラ基本

小三元レンズで十分?大三元レンズって必要?

大三元レンズは必要でしょうか?小三元レンズがあれば十分でしょうか?大三元レンズをどのような場面で使用するのかを考えると、必要か不要かが明確になると思います。一般的にどちらを選ぶべきだと言われているのか、どちらが便利か等を自身の考えも交えて紹介します。
撮り方

簡単・綺麗なビルからの夜景の撮影の仕方撮り方!キモは照明の写り込みの対処!

ビルからの夜景を撮影する際はいくつかの工夫が必要です。三脚が立てられるなら三脚を使うべきですが、使えない場合は便利な道具もあります。夜景がきれい見えるホワイトバランスもありますし、一番の肝になるのは窓ガラスに内側の照明が写り込むことをいかに防ぐかです。