スポンサーリンク
撮り方

滝の撮り方!絹のように滑らかに?迫力ある水しぶきを撮る?

滝の写真で定番なのはスローシャッターを用いて水を絹のように滑らかに撮影することが定番です。そのような写真の撮り方や必要な道具の紹介をします。また、逆に高速シャッターを用いて水滴を写し込むことも人間の目では捉えられない神秘的で迫力ある写真になりますので、紹介します。
撮り方

光跡写真の撮り方!一眼でもiPhoneでも!

夜景の写真に車のヘッドライトやテールランプがレーザービームの様な残像として残っている写真を見たことがあるかもしれません。 これを"光跡"と書いて"こうせき"という読み方をします。 有名な所では東京の赤坂見附や、江東区の永...
RAW現像とレタッチ

HDR合成ってなに⁉LightroomでワンタッチでHDR合成!

HDR合成とはHigh Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)の頭文字を取った言葉で通常の撮影では白飛びや黒つぶれが目立つような明暗差が大きい場合にそれらをなくすようにする合成方法です。Lightroomではこれが簡単にできるので、紹介します。
RAW現像とレタッチ

打上花火の写真のRAW現像!失敗気味の写真で紹介!

花火の写真の一番のキモはホワイトバランスです。これを補正し、色味をしっかりと出したうえで、花火の輪郭がしっかりとわかるように明るさの補正や、明瞭度を補正することで、綺麗な花火の写真を綺麗なままに残すことができます。花火のRAW現像の仕方を紹介します。
撮り方

花火を写真に撮るための設定と必要なアイテム

打上花火を撮影するためにはいくつかの必須アイテムと、いくつかの設定をすれば一眼レフやミラーレス一眼の初心者でも簡単に撮影することができます。今回はその道具と設定の仕方を紹介します。
カメラ基本

カメラの設定画面にあるフリッカーレス撮影とは?

カメラを始めたばかりの時に「フリッカー」とファインダー内や説明書で目に留まることもあると思います。これは蛍光灯などの人工光の点滅がシャッタースピードを上げることで写真に写り込んでしまいます。それを防ぐための設定であるフリッカーレス撮影を紹介します。
RAW現像とレタッチ

青空を際立たせるRAW現像

逆光で風景写真を撮影した場合、風景などの被写体に露出を合わせると、空が真っ白になってしまい、せっかくの青空が写真に残りません。順光で撮影した場合も青空があんまり青く見えないなんてこともあると思います。そういった場合のRAW現像の仕方を紹介します。
撮り方

空を青く写真に写す方法

風景を撮影した際に、意外と空が白飛びしていて目で見た青空と違うということがあると思います。青空をしっかりと青空として写真に残す方法を紹介します。
その他

プロも使っている高画質なおすすめフォトブック

プロのフォトグラファーもお客様への納品に使用している、マイブックさんのハイクオリティなフォトブックを紹介します。制作アプリケーションの操作性、仕上がりを紹介していますが、そもそもフォトブックはどういったものなのかも紹介しています。
その他

間違って消えてしまったデータを復元できるフリーソフト!

誤って削除してしまったデータの復元は今まで業者にデバイスや外部メモリを預けて復旧してもらうしかなかったですが、今ではフリーソフトを使用すれば無料で自分自身で行うことができるようになっています。今回は無料で使用できるフリーソフトであるEaseUS Data Recovery Wizardを紹介します。