【写真で図解】カメラストラップを手首に巻く方法

日本人の方もされていますが、外国人観光客の方多い気がするのですが、カメラストラップを手首に巻き付けているのを見かけたことありませんか?

カメラストラップを首から下げていると滑り止めが服や鞄に引っ掛かって扱いづらいこともあるし、かといってストラップを外していると、もしもの落下を考えたら怖いですよね…。

そんな時に、手首にコンパクトに巻けると便利で尚且つ安心ですよね!

しかも、なんとなくカッコ良い…笑

ちなみに、手首にカメラを固定するための商品は販売されていますが、以下の図のような商品で、ちょっと思っているのと違いますよね??
今回はストラップを手首に巻く方法を写真で解説します。

スポンサーリンク

 早速巻き方紹介

①まずは手首にストラップをひっかけます。

ストラップの巻き方1

②そして、左側にある方のストラップを下から1周回してきて、ストラップが二重で右手首に巻き付いている状態にします。

ストラップの巻き方2

③こんな状態です。今は左右の長さがほぼ均等でストラップが二重になっています。ストラップの巻き方35

④これを右寄せにして、右側はストラップの滑り止め部分が手首のすぐ横に来るまで寄せます。(ピントがずれていて申し訳ないです…。)ストラップの巻き方4

⑤その状態のまま右のストラップをねじれが無いようにカメラに沿わせて上から押さえます。ストラップの巻き方5

⑥そうすると、左側がこんなに余って不格好です。ここからはこの左側の処理です。ストラップの巻き方6

⑦左側のストラップを右手の下からねじれないように前に出し、小指に引っ掛けます。ストラップの巻き方7

⑧小指とカメラの間にストラップを挟んで押さえれば完成です。ストラップの巻き方8

スポンサーリンク

 まとめ

いかがでしたか?

コンパクトで安心な手首にストラップをまく方法を紹介しました。

取り回しがしやすくなりますし、冒頭でも言ったように、なんとなく格好良いですよね!笑

1回やってみるまでは複雑そうに見えますが、1回覚えてしまえば楽ですので、しょっちゅうこのスタイルで写真を撮っています。

是非やってみてください。

それでは、他のページも見ていただいて、一緒に写真のある生活を楽しみましょう♪

少しでも疑問が解消できたり、参考になったという方はシェアボタンを宜しくお願いします!!m(_ _)m

どんぐり出張フォトサービス
この記事が役立ったら
いいね!しよう
ブログ更新情報やサービス情報をお届けします
その他
スポンサーリンク
windkindaiteiをフォローする
旅好きカメラマンの備忘録

コメント