RAW現像とレタッチ

スポンサーリンク
RAW現像とレタッチ

HDR合成ってなに⁉LightroomでワンタッチでHDR合成!

HDR合成とはHigh Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)の頭文字を取った言葉で通常の撮影では白飛びや黒つぶれが目立つような明暗差が大きい場合にそれらをなくすようにする合成方法です。Lightroomではこれが簡単にできるので、紹介します。
RAW現像とレタッチ

打上花火の写真のRAW現像!失敗気味の写真で紹介!

花火の写真の一番のキモはホワイトバランスです。これを補正し、色味をしっかりと出したうえで、花火の輪郭がしっかりとわかるように明るさの補正や、明瞭度を補正することで、綺麗な花火の写真を綺麗なままに残すことができます。花火のRAW現像の仕方を紹介します。
RAW現像とレタッチ

青空を際立たせるRAW現像

逆光で風景写真を撮影した場合、風景などの被写体に露出を合わせると、空が真っ白になってしまい、せっかくの青空が写真に残りません。順光で撮影した場合も青空があんまり青く見えないなんてこともあると思います。そういった場合のRAW現像の仕方を紹介します。
RAW現像とレタッチ

天の川をあぶり出し!LightroomのみでRAW現像する方法

天の川を撮影しても、写真で見るように色の付いた星雲のようなゴリゴリのきれいな天の川にはなっていないのではないでしょうか?その撮影した天の川をより綺麗に際立たせるためのRAW現像をLightroomのみを用いて行う方法を説明します。
RAW現像とレタッチ

【超簡単2ステップ】Lightroom現像の過程でPhotoshopで比較明合成をする方法

デジタルカメラでは星の日周運動や夜空を飛び交うホタルを撮影するのに長秒露光をしていると、長秒露光ノイズが発生しますし、周囲の人や車によるライトで急に明るくなっても合成なので失敗することがなくなります。そこで必須になる比較明合成について、Lightroomで現像中にPhotoshopで合成する方法を紹介します。
RAW現像とレタッチ

より良く仕上げる、サーキットを走るレース車両のRAW現像の仕方【Lightroom版】

サーキットで撮影したフォーミュラカーなどのレーシングカーのRAW現像について紹介します。「マシン」という無機質でクールな性質をより強調しながら、重厚感を出す方法を紹介します。今回の現像ソフトはLightroomで作業をしていきます。
RAW現像とレタッチ

Canon純正無料ソフトでもカッコ良く!工場夜景のRAW現像【DPP4版】

工場夜景をCanon純正のDPP4(Digital Photo Professional ver.4)で、より良い仕上がりにするためのシンプルなRAW現像の方法をポイントをピックアップして紹介します。Canonのカメラを持っている人にとっては無料で使える現像ソフトでも十分な仕上がりになるかと思います。
RAW現像とレタッチ

より良く仕上げる、工場夜景のRAW現像の仕方【Lightroom版】

工場夜景を撮影すると、その場で良い感じに見えても明るいところで確認すると、思っていたより暗かったとなることがあります。そういった場合をはじめ、工場夜景をAdobeのLightroomでより良い仕上がりにするためのシンプルなRAW現像の方法をポイントをピックアップして紹介します。
RAW現像とレタッチ

彩度だけじゃない。色彩補正の項目って?

初めて色彩補正をする際にHSLと書いてあり、何が何なのか分からないということがあり、立ち止まってしまうことがあるのではないでしょうか?Hは色相、Sは彩度、Lは明度です。彩度と明度はなんとなく分かっても、色相は色彩検定など受けた人意外は聞き馴染みのない言葉だと思います。操作するとどうなるのか、色相を中心に、彩度と明度も説明します。
RAW現像とレタッチ

トーンカーブの見方と操作の仕方

トーンカーブ見方と使い方を紹介します。この斜めに引かれた線を持ち上げることで全体的に明るい写真に、引き下げることで全体的に暗い写真に出来ます。この操作の仕方を把握すればコントラストの強い写真を作ったり、R・G・Bを分解して操作することで色味も自由に操作出来ます。