【超簡単2ステップ】Lightroom現像の過程でPhotoshopで比較明合成をする方法

蛍の写真

星の軌跡(比較明合成)

カメラと言ったらコンデジも、一眼もデジタルが主流になっています。

デジタルだからこそ合成もできますし、逆に言うとデジタルだからこそ長秒露光はノイズが入るので、上記のような写真は比較明合成の方が綺麗に撮れます。

初心者にあるあるの失敗!低感度にこだわって失敗…
低感度の方が画質が良いとわかれば、低感度でできるだけ撮影したいですよね。ですが、低感度にこだわることで、失敗することもあります。一眼レフ等のカメラをマニュアルモードで撮り始めた人にこそ注意してもらいたい低感度にこだわった失敗例を紹介します。

上記の記事にも長秒露光ノイズについて触れていますので、良ければ確認してみてください。

さらに、単純な長秒露光ではないので、途中で車両が通ったり、明かりを持った人が通った部分は合成から抜くなど、作品の成功確率が高くなります。

今回は、そんな比較明合成とは何かを含め、Lrで現像中に比較明合成をPsで行う方法を紹介します。

スポンサーリンク

 比較明合成とは?

比較明合成とは、読んで字のごとくの説明となりますが、「複数の画像を比較して、るい部分を重ねていく合成」の方法です。

例えば、夜空等の暗闇に浮かぶ星が自転の影響で少しずつずれていきますが、これを連続して複数の写真に収めたのちに、これを比較明合成で重ね合わせると、夜空より明るい星は黒い部分に上書きされ、その結果として星が点ではなく、線になっていくというような合成の仕方を言います。

蛍の写真についても、たくさんの蛍がいる場所だとしても、一斉に飛び立つわけではないので、何枚も同じ場所で撮影してから比較明合成をすることで、たくさんの蛍が飛び交っているような写真が撮れるのです。

スポンサーリンク

 やり方

撮影する

三脚で固定して、連続で同じ場所から写真を撮影します。

この時、レリーズがあると便利です。

【ロワジャパン】【液晶LCD/タイマー機能付/撮影回数設定無制限】【PDF日本語説明書あり】コードレリーズ
amazon楽天Yahoo!

レリーズ以外の方法もありますので、こちらを参考にしてみてください。

スローシャッターは三脚に乗せても僅かに手ブレ…そんな時は?
長秒露光(スローシャッター)の場合、三脚を使用してもシャッターを人間が押すと、その際のブレが仕上がり写真に僅かに現れます。そこで、シャッターを切り始める際にはカメラから手を離しておく必要がありますが、どうやって手を離したままシャッターを切るのか、その方法をセルフタイマー、Wi-Fi、レリーズと絡め紹介します。

ちなみに、星の撮り方は以下の記事を参考にしてください。

カメラを始めたばかりでも意外と簡単!星空の撮影方法!
星を撮影してみたいけど、難しそう…。実は、初心者でもいくつかのコツさえつかめば意外と簡単に撮影できます!写真付きで星空を撮影するときの肝になるピント合わせやその他の設定の仕方を紹介し、さらに、より綺麗な星空を撮影するためにあったら良い高コスパ機材を紹介します。

自分好みにRAW現像して全て同期後、Photoshopへ

撮り終わった写真をパソコンに取り込み、必要な現像処理を施し、全てを同期することで、同じ明るさ、同じ仕上がりの写真を複数用意します。

その後、そのまますべての画像が選択された状態で右クリック⇒他のツールで編集⇒Photoshopでレイヤーとして開くを選択しましょう。

Lightroom比較明合成

Photoshopを操作して比較明合成する

上記の操作を行うと、Photoshopが立ち上がります。画像内の赤丸でくくった部分を「通常」から「比較(明)」を選ぶことで、比較明合成が実施されます。

Lightroom比較明合成2

Lightroom比較明合成3

不透明度を徐々に変更していくことで、線になっている星をグラデーションにすることもできます。

スポンサーリンク

 まとめ

いかがでしょうか?

ほたるや、星が北極星を中心に円になっている日周運動を1つの写真に収めたい時は比較明合成の方が良いですし、LightroomからPhotoshopならすぐに編集できるので、おススメです。

さらに、比較明合成なら途中で不意に明るくなっても、それは合成から除けば良いので、失敗の確立も下がります。

三脚とレリーズはあった方が良いので、是非用意してください。

それでは、他のページも見ていただいて、一緒に写真のある生活を楽しみましょう♪

少しでも疑問が解消できたり、参考になったという方はシェアボタンを宜しくお願いします!!m(_ _)m

どんぐり出張フォトサービス
この記事が役立ったら
いいね!しよう
ブログ更新情報やサービス情報をお届けします
RAW現像とレタッチ
スポンサーリンク
windkindaiteiをフォローする
旅好きカメラマンの備忘録

コメント