初心者にあるあるの失敗!低感度にこだわって失敗…

一眼レフやミラーレスを始めて、脱初心者の第一歩として、シャッタースピード、F値、ISO値を操作するようになると思います。

脱初心者の第一歩。まずはこの3つ[SS、F値、ISO]を触ってみよう!
一眼レフやミラーレスをオートでの撮影をやめて脱初心者しませんか?まずは、シャッタースピード、F値、ISOを理解して、写真の明るさを調整しましょう。写真は光を記録することなので、この3つが最も基本的で、最も重要で、最も応用が出来る部分です。

そして、中でもISO値=感度はできるだけ低い方がノイズが少なく、綺麗な写真に仕上がるということもわかってくると思います。

ISOを変更するとどうなる?
ISO感度の使い方を説明します。感度を高めると明るい写真となり、シャッタースピードを早めたり、F値を絞り込むことも出来ます。しかし、高感度ノイズという写真がざらつく画質劣化が発生する。ノイズが出ないように感度は常に100が良いという訳でもなく、むしろノイズを活かした撮影もあります。

折角一眼を買ったんだから、できるだけきれいな写真が撮りたいですよね!

では、感度はできるだけ低くして普段から撮影した方が良いと思っていませんか?

基本的には考え方は間違っていませんが、必ずしもそうではないことがありますので、紹介します。

スポンサーリンク

 動く被写体にSSが追いつかない

低感度1

この写真は屋内でこちらに向かってボールを投げている子供をISO感度100、絞り開放、SS1/30で撮影した画像です。

いかがでしょうか?

「ブレブレで何を撮っているかわからない…。」

「少し暗い写真だな…。」

と思いませんか?

これが一眼をマニュアルで使い始めた人が一番やってしまいがちな失敗なのです…。

何を撮っているのかわからなくなると、元も子もないですよね…。

それならば同じ明るさなら、ノイズが多少入っても感度400、絞り開放、SS1/120の方が被写体ブレがなく、何を撮っているのかよくわかる上に、ケータイやコンデジで撮影するよりも十分画質が良いです。

さらに、もう少し明るくするために、感度800、絞り開放、SS1/120でも十分綺麗な写真になると思います!

スポンサーリンク

 長秒露光ノイズ

もう一つ、低感度にこだわって失敗するパターンがあります。

それは、被写体が動かない風景だからと言って、感度100のまま条件によっては数十秒~何十分も露光することで写りこむ長秒露光ノイズです。

高感度ノイズと同様のざらつきもありますが、偽色と言われるカラーノイズの方が写りやすくなります。

以下がレンズキャップをつけて長秒露光で撮影した写真です。

一見真っ暗な写真ですが、拡大してみるとレンズキャップをつけているのに赤、青、白などの色が点々と写っています。

レンズキャップ長秒露光

画像全体

レンズキャップ長秒露光(拡大)

一部拡大

これがカラーノイズで、風景撮影などしていると、高感度ノイズ以上に画像が見るに堪えないものになってしまいます…。

スポンサーリンク

 まとめ

いかがでしょうか?

感度は低い方が画質は良いとは言え、それにこだわりすぎると逆に削除するしかない画像が出来上がったりします…。

削除するしかない写真よりは高感度ノイズが入っている方がよっぽど良いです!

なので、適度に感度を上げることも重要です!

それでは、他のページも見ていただいて、一緒に写真のある生活を楽しみましょう♪

少しでも疑問が解消できたり、参考になったという方はシェアボタンを宜しくお願いします!!m(_ _)m

どんぐり出張フォトサービス
この記事が役立ったら
いいね!しよう
ブログ更新情報やサービス情報をお届けします
カメラ基本
スポンサーリンク
windkindaiteiをフォローする
旅好きカメラマンの備忘録

コメント