レンズの美味しいところ

写真を綺麗に写すためには、カメラ内部に光を取り込むためのパーツであるレンズを有効活用する必要があります。

どうして開放よりも1~2段絞った方が綺麗な写真だと言われるのか。

十分な光源がある状況で、同じレンズを使うのであれば、フルサイズよりもAPS-Cの方が綺麗だと言われることもあるのは何故なのか。

そんな疑問を解決します!

スポンサーリンク

 仕上がりが最も綺麗に見えるレンズの使い方

それは、レンズの”中心”を使うことです。

その理由は、以下の通りです!

スポンサーリンク

 レンズ中心部分が綺麗な理由

レンズはイメージセンサー上で像を結ぶ為に、光を集められるように表面が曲線になっています。

そして、この曲線は正面からの光に対して中心付近ではほぼ垂直に光が入ってくるのに対して、レンズの周辺部分ではレンズ面に対して角度がついた状態で光が入ってきます。

レンズを通る光

そして、色によって光の波長が異なると、屈折の角度が異なります。

そうなると、レンズへの入射時にほぼ直線であった、中心に当たる光はほとんど屈折しないので、波長ごとの光がバラつきづらい訳です。

対して、レンズ周辺を通る光は屈折角度が大きくなるので、その分バラつきも大きくなるわけです。

このバラつきを“収差”と言います。

これを抑え、より綺麗な写真を作り出す為に、各レンズメーカーはレンズを組み合わせたり、レンズコーティングを施したり、レンズの素材を収差の少ないものにしているのです。

収差を少なくする為にレンズの中心を使うのが綺麗な写真になるための条件の一つと言うことです。

ちなみに、自然界で大気中の水分で屈折を繰り返した太陽光が作り出す現象を虹と言います。虹は収差なのです!

スポンサーリンク

 できるだけレンズの中心を使う方法

それでは、どうすればレンズの中心を使うことが出来るでしょうか?

1つは絞りを絞って、レンズの周辺部分を使わないようにすることです。

以下のページはボケの原理をまとめたページですが、F値を絞った時の光の軌跡もここに示しました。

何故ボケる?ボケの4要素の原理の説明
何故ボケるのか。理由や原理を説明してみました。写真自体は原理を理解していなくてもボケる設定を理解すればオシャレな写真は撮れますが、気になる人は気になるとと思います。ぼかす方法を紹介した記事は多いですが、何故ボケるのかを説明した文章はあまり見ないので、作成してみました。

そのようにしてレンズの中心部分を使用するので、「絞ったほうが綺麗」だと言われるのです。

もう一つはより小さいセンサーを使うことです。

デジタル写真とはレンズの作り出したイメージサークルのうち、イメージセンサー上に映し出された部分のみを記録することで出来ています。(フィルムカメラならフィルムです。)

何故レンズは丸いのに、写真は四角いのか?
レンズは丸いのに四角い写真が出来る。ここに疑問を感じた人は居ませんか?又は、言われて初めて「そういえばそうだな」と思いませんでしたか?実際にカメラ内に取り込まれた像は丸く、これをイメージサークルと言います。これを記録する為のイメージセンサーが四角いので、四角い写真となります。これを図を交えて説明します。

そして、以下の記事でも示したように、同じレンズで作り出すイメージサークルは同じでも、センサーのサイズが異なると、切り取る範囲が異なるわけです。

イメージセンサーのサイズの違い
フルサイズ、APS-C、マイクロフォーサーズ等センサーの違いはありますが、なぜフルサイズは広角で、何故フルサイズが高画質なのかを説明します。センサーサイズの違いによる写真の主な違いは画角と画質です。また、何故フルサイズが36mm×24mmなのか等、関連する話題にも触れています。

イメージサークルのうち、より中心だけを使っているのは小さいセンサーですよね?

こういった理由で、十分な光源があるのであれば、同じレンズならAPS-Cセンサーの方がフルサイズよりも綺麗と言われる事があるのです。

スポンサーリンク

 まとめ

レンズ中心部分は収差が少なくて美味しい部分であるということと、そこを使う為に絞り込むことや小型センサーを使うという内容でした!

フルサイズよりもAPS-Cが綺麗かどうかは、レンズの収差の影響と、センサー受光部の大きさの影響のどちらが大きいか分かりませんが、稀にこのように言われている理由はお分かりいただけたと思います。

それでは、他のページも見ていただいて、一緒に写真のある生活を楽しみましょう♪

少しでも疑問が解消できたり、参考になったという方はシェアボタンを宜しくお願いします!!m(_ _)m

コメント