PLフィルターの効果!水面の反射を抑え、色を鮮やかにする魔法のアイテム

一眼で写真を撮った際に、「意外と色が鮮やかではないな」と感じたり、「水面の反射が目で見るよりも写真の方が映り込むな」と感じたことはありませんか?

また、現像の際に、DPP4にはない機能で、Lightroomにかすみの除去という機能がありますが、そもそもかすみを写さないようにはできないのか?それなら、DPPで十分なのに…。と思ったことはありませんか?

そのいずれも、PLフィルターを使用することで改善できます!

今回はその魔法のようなフィルターを紹介します。

スポンサーリンク

 PLフィルターとは?

PLフィルターのPLとはPolarized Lightの略で、偏光という意味です。

釣りやドライブを楽しむ人にはサングラスなんかでおなじみだと思います。

偏光とは…詳しくは複雑なんですが、一言でいうと、反射を抑える効果のことです。

その効果のある偏光幕を2枚のフィルターで挟み込んだレンズフィルターを偏光フィルターと言います。

偏光幕はブラインドのような構造ですので、反射している光の性質に合わせて前面側のフィルターを回転させることでブラインドの向きを変えて、効果を調整します。

スポンサーリンク

 PLフィルターの具体的な効果

遠景を撮影するときのモヤ(霞)は空気中の水分や微細なチリなどのゴミが太陽光を乱反射することにより発生するものです。

そのため、空気中の水分量が多い夏の方がもやがかかりやすいということになります。冬は星が綺麗と言われる所以はここにあります。

この空気中の反射を偏光フィルターを装着することで消せるのでうかすみが写りにくくなると言うわけです。

PLフィルターなし

PLフィルターなし

PLフィルターあり

PLフィルターあり

写真が意外と色鮮やかに写らない時も原因は同じく乱反射なので、PLフィルターを装着することで改善されます。先ほどの写真を見比べると、空気中のかすみ以外に、植物の緑色が鮮やかになっているとは思いませんか?

これは、空気中ではなく、葉っぱの表面の凹凸や、表面についた埃などによる乱反射が原因で鮮やかさが失われていたからです。

このような効果によりPLフィルターを使うことで、より鮮やかな写真が撮影でき、紅葉の時期や、夏の青空の撮影がより良いものになるのです。

PLフィルターなし(水面反射)

PLフィルターなし

PLフィルターあり(水面反射)

PLフィルターあり

また、水面の反射についても、減少させることができますので、リゾートのプールなり、池の鯉なりをより一層思い通りに撮影できるようになります。

ちなみに、石とかぶった光の反射が抑えられている上に、石の色も濃く写ってますよね!

スポンサーリンク

 PLフィルターの選び方

各レンズのフィルター径にあったサイズのフィルターを選択するのはもちろんですが、その他PLフィルターを選ぶポイントを紹介します。

サキュラーPL(C-PL)と、PLの違い

今後新しいPLフィルターを買おうと思ったら大体サキュラーPL(C-PL)だと思いますので、そこまで心配することはないと思いますが、基本的にはサキュラーPL(C-PL)を買うようにしてください。

というのも、PLフィルターだとオートフォーカスに干渉して、正常に作動しなくなるためです。

Wのものを選択

Wと書いてあるものを選択してください。

望遠レンズの場合、関係ないのですが、広角レンズの場合、フィルターの厚みで四角が暗くなる「ケラレ」が発生してしまう可能性があります。

そのため、広角に対応した薄型フィルターを選択しておくと間違いはないです。

スポンサーリンク

 まとめ

今回はPLフィルターについて説明しました。

PRO1D WIDE BAND サーキュラーPL (W)コントラスト上昇・反射除去用(ケンコー)
amazon楽天Yahoo!

以下に今回の内容をまとめます。

・PLフィルターとは光の反射を抑えるもの

・かすみは空気中の水蒸気やチリの反射であるため、PLフィルターで低減できる。

・乱反射する光を抑えることで白っぽさがなくなり、色鮮やかになる。

・水面の反射を抑えて水中のものをより明確に写すことができる。

・同様にガラスや研磨面の反射も防げる。

・C-PLのものを選ぶ

・Wと書いてあるものを選ぶ

それでは、他のページも見ていただいて、一緒に写真のある生活を楽しみましょう♪

少しでも疑問が解消できたり、参考になったという方はシェアボタンを宜しくお願いします!!m(_ _)m

コメント