脱初心者の第一歩。まずはこの3つ[SS、F値、ISO]を触ってみよう!

・カメラに興味があるけど、一般的なデジカメしか使ったことが無い
・一眼レフカメラやミラーレスカメラを持っているけど、オートでしかとったことが無い
こういった方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?
今、このページを見てくださっているあなたもおそらくそうでしょう!
そこで、今回は脱初心者への第一歩「マニュアルモード」の使い方を紹介します。
スポンサーリンク

 そもそも写真とは?

そもそも写真って何でしょうか?
「見えているものをフィルムに焼き付けたり、データとして残すこと」です。
では、”見えているもの”って何でしょうか?
「光が当たって、反射したもの」なんです!
反射した際にそのモノが反射する色の波長と吸収する色の波長がそれぞれ異なるので、色とりどりに見えると言うわけです。
つまり、写真とは「光を記録すること」なのです!
そして、今から説明するシャッタースピード(SS)、F値、ISOは記録する光の量を調整するために使いますので、写真の仕上がりを左右する最も基本的な操作ということになります!
スポンサーリンク

 シャッタースピードとは?

シャッタースピードとは、どれだけフィルムやイメージセンサー(デジタル版のフィルムみたいなもの)を露出させるかを決める値です。

写真をやっていると「適正露出」と言う言葉を聞くかもしれません。
これは、写真全体の明るさが適性と言うことですが、明るさを露出と表現するのもここから来ているということを聞いたことがあります。
シャッタースピード(以下、SS)が1/100だと、0.01秒間センサーを露出すると言うことです。
これを基準に考えると、SSが1/200だと、0.005秒間センサーを露出するので、センサーが光にさらされる時間が短い=暗い写真になります。
反対にSSが1/50だと、0.02秒間センサーを露出するので、センサーが光にさらされる時間が長い=明るい写真になります。
スポンサーリンク

 F値とは?

F値とは、”絞り”の開放具合を表す数値です。

F値が小さいと、絞りを開放状態にしている状態で、
F値が大きいと、絞りを絞っている状態と言うことになります。
絞りを開放するということは、カメラ内に取り込む光が多くなると言うことで、
逆に絞りを絞るということは、カメラ内に取り込む光が少なくなると言うことです。
つまり、F値が小さいと明るい写真に、F値が大きいと暗い写真になります。
小さい左矢印F値右矢印大きい
明るい明るさ暗い

絞りの開放具合は背景のボケ感やくっきり具合に影響し、”被写界深度”というものに関わります。

明るさ以外の作用も複合的に理解するべきですが長くなるので、別ページにて説明します!

F値を変更するとどうなる?
F値の使い方をを紹介します。F値は明るさの他に、ボケを活かしたオシャレな写真にするのか、それとも全体的にくっきり写した写真にするのかを調整できます。F値を変化させることによって生じる変化を実際の写真を交えて紹介します。
スポンサーリンク

 ISOとは?

ISOとは、フィルムカメラではフィルムごとに決まっていたようですが、デジタルでは1つのセンサーで光を受け、信号化することで画像にしています。その際の信号の強さを操作することで感度を変化させる機能のことです。

光が十分なところでは自然な感度(ISO100)に設定します。あえて信号を弱める機能のある機種もあります。
光が不足しているところでは信号を強め、実際よりも明るい写真にすることが出来ます。

明るい方がシャッタースピードを早くしたり、F値を絞ったり、自由な仕上がりにできるからISOは高い方が良いと思うかもしれませんが、無理矢理信号を強くしているわけですから、感度が高いと画像が劣化します。

つまり、できる限りISOは100を保つ方が綺麗な写真になります。
では、感度は常に100が良いかというと、そうでもないので、それも別ページにまとめます。
高い左矢印ISO右矢印低い
明るい明るさ暗い
ISOを変更するとどうなる?
ISO感度の使い方を説明します。感度を高めると明るい写真となり、シャッタースピードを早めたり、F値を絞り込むことも出来ます。しかし、高感度ノイズという写真がざらつく画質劣化が発生する。ノイズが出ないように感度は常に100が良いという訳でもなく、むしろノイズを活かした撮影もあります。
スポンサーリンク

 まとめ

いかがだったでしょうか?

プロのカメラマンもこの3点を操作し、作品を作っているはずです。(他にも構図やライティング、イメージセンサーの特性を利用した撮影もされているでしょうが、まず操作するのは基本的に、この3点なのは変わりないはずです。)

つまり、光の記録である写真はカメラのシャッタースピード、F値、ISOの操作が最も基本的かつ、最も重要かつ、最も応用が出来る部分であると言えます。

本文中に挿入したリンクも見ていただけると、より一層理解が深まると思いますが、まずはこのページで「写真は光の記録」「記録する光の調整方法は3つ」と覚えていただけると幸いです!

他のページも見ていただいて、一緒に写真のある生活を楽しみましょう♪

少しでも疑問が解消できたり、参考になったという方はシェアボタンを宜しくお願いします!!m(_ _)m

コメント