カメラの応用モードの種類

カメラをオートモードからマニュアルにしてみようとした場合、

「M」はマニュアルかな?となんとなく分かると思いますが、

「Av」(Nikonでは「A」)ってなに?

「Tv」(Nikonでは「S」)は??

「P」ってデジカメにもあるけど、あんまり使ったこと無いなぁ・・・。

こんな感じになるのではないでしょうか?

そこで、それぞれのモードの説明をします!

ちなみに、感度は全てのモードで自分で選ぶことも、オートに設定することも可能です。

スポンサーリンク

 P(プログラムオート)

プログラムオートという名前からも想像がつくかもしれませんが、このモードは”ほぼオート”です。完全なオートと違うのは「オートだけどもシャッタースピードとF値、明るさを変更できる」と言う点です。

シャッターを半押しすることで測距・測光しますが、プログラムオートはその時点でシャッタースピードとF値をカメラが決めてくれます。その状態からシャッタースピードを変更することが可能で、F値は連動して定められます。

F値が連動するなら、明るさが変えられないんじゃないか?と思われるかもしれませんが、明るさは露出補正機能で変更できます。露出計

露出計で露出補正をして、明るさを調整できます。
メモリの下にある点を右に移動すれば明るく、左に移動すれば暗くなります。
露出計の見方は以下のページから確認してください。
スポンサーリンク

 Tv(シャッタースピード優先モード) ※Nikonでは「S」モード

シャッタースピードを設定するとF値は自動で決めてくれるモードです。

といっても、感度を低く定めていた場合、F値はレンズによって最小値が決まっているので、あまりシャッタースピードを早くすると、真っ暗な写真に仕上がります・・・。

ISOをオートにしておいたり、よく晴れた日であればシャッタースピードだけを自在に変更できると言う感じです。

なので、運動会や、スポーツの大会などの撮影の際に、ばっちり動きを止めたい写真と、被写体は止めて背景はブラした写真(所謂、流し撮り)を瞬時に切り替えたいときなどに有効なモードです。

シャッタースピードを操作することによる明るさ以外の効果はこちらの記事をご覧ください。

シャッタースピードを変更するとどうなる?
シャッタースピードの使い方を紹介します。シャッタースピードを操作することで得られる明るさ調整以外の効果は「流動性」で、流動性とは悪く言えばブレですが、被写体だけをブラしたり、被写体は止めて背景だけをブラした作品作り(流し撮り)も可能になります。このページはその概要を説明しています。
スポンサーリンク

 Av(絞り優先モード) ※Nikonでは「A」モード

F値を設定するとシャッタースピードは自動で決めてくれるモードです。

ボケ感を操作するF値を瞬時に操作できます。

絞りすぎた場合にISOの設定が低すぎたり、晴れていないと暗く仕上がることがあります。

一眼で撮影した写真らしく、ボケを体験するにはまずはこのモードを使ってみると良いかもしれません。

F値を操作することによる明るさ以外の効果はこちらの記事をご覧ください。

F値を変更するとどうなる?
F値の使い方をを紹介します。F値は明るさの他に、ボケを活かしたオシャレな写真にするのか、それとも全体的にくっきり写した写真にするのかを調整できます。F値を変化させることによって生じる変化を実際の写真を交えて紹介します。
スポンサーリンク

 M(マニュアルモード)

シャッタースピード、F値共に自分で設定するモードです。

私は、ずっとこのモードを使っていますが、このモードが一番シャッタースピードって何か、F値って何か、ISO感度って何かが体得しやすいような気がしますし、「もう少しこうしたい」を表現しやすいような気がします。

それぞれの数字を変化させることによる明るさの変化、明るさの以外の変化、それぞれのバランスを考えて設定するからこそ最もカメラが楽しくなるモードだと思います!

初めてだからまずはプログラムオートという考えも良いと思いますし、逆に初めてだからこそMモードで理解するというのも良いと思います!

初めてマニュアルモードを使う際は、こちらの記事を参考にしてみてください。

脱初心者の第一歩。まずはこの3つ[SS、F値、ISO]を触ってみよう!
一眼レフやミラーレスをオートでの撮影をやめて脱初心者しませんか?まずは、シャッタースピード、F値、ISOを理解して、写真の明るさを調整しましょう。写真は光を記録することなので、この3つが最も基本的で、最も重要で、最も応用が出来る部分です。

他のページも見ていただいて、一緒に写真のある生活を楽しみましょう♪

少しでも疑問が解消できたり、参考になったという方はシェアボタンを宜しくお願いします!!m(_ _)m

どんぐり出張フォトサービス
この記事が役立ったら
いいね!しよう
ブログ更新情報やサービス情報をお届けします
カメラ基本
スポンサーリンク
windkindaiteiをフォローする
旅好きカメラマンの備忘録

コメント