オートモードでもプロっぽい!?基本的な構図!

今回紹介する構図のお話はオートモードで撮影されている方も活用できる内容です。

「一眼を買って、写真を撮ってみたら、確かに写りが綺麗けれども、なんか、あんまり良さが伝わらないなぁ・・・。」

なんていう、そこのあなた!この記事を読んでいただければ、そんな悩みが解決するかもしれません!

特に、最初に紹介する三分割構図は最も汎用性が高く、これを活用するだけで”プロっぽい”だとか、”オシャレ”はたまた”上手!”・・・etc・・・となること間違いなしです!

当然、マニュアルモードを初めとした応用モードが使えるようになると、思った通りの写真にする方法も考えられ、より楽しいと思います!

カメラの応用モードの使い方はこちらを参考にしてください。

カメラの応用モードの種類
応用モードの使い方や違いを説明します。シャッタースピード、F値をどちらか一方を決めるTvモードとAvモード、または両方を決めるマニュアルモードの違いを説明します。ISO感度は全てのモードで自由に定めることも、オートにすることも出来ます。
スポンサーリンク

 そもそも、構図とは何か?

構図という単語を検索すると、「絵画などで、各部分を適当に配置してまとまった全体を作り上げること。」とあります。
つまり、その写真や絵画を見た際に「いい感じ」だとか、「何を意図しているのかよく分かる」だとかを受け手に受け取って貰う為のものということです。
さらに、絵画や写真、映像作品というものは我々は生まれた頃から見ているものなので、脳に刷り込まれた定番のパターンがあると私は解釈しており、そのパターンに当てはめることで第三者から見ても「良い物」と認識されるのではないかと考えます。
まずは、以下の2つの写真を見比べてみてください。

全く同じ背景に、全く同じ被写体ですが、どちらかと言うとどちらの写真が雰囲気がありますか?

おそらく、「右側の写真の方がなんとなくオシャレっぽいのかなぁ?」と思ったのではないでしょうか?

これが構図の効果で、今回説明したいものなのです!

スポンサーリンク

 三分割構図

一つ目の構図を紹介します。
先程のミニカーの比較写真で登場した構図であり、前段でも書いたように、最も汎用性があり、これだけでもプロっぽい写真になる構図です。

今度は画面の中に画面を縦に三分割、横に三分割するグリッド線を引いて見ました。

被写体をその線の交点に配置するのがこの構図の撮り方です。

この記事を読んでくださっているあなたも、試しに自宅でペットボトルのキャップを被写体に実験してみてください。1つ目の写真は真ん中にペットボトルのふたを捉えた写真、2つ目の写真は三分割構図に当てはめた写真。

どうでしょうか?そのような、なんて事のない被写体も三分割構図でプロっぽくなるので、ビックリですよね!

物体を交点に配置するだけではなく、水平線をこのラインに合わせて、空:海が2:1になるように配置するなんていう使い方も出来ますし、縦のライン上に被写体を配置した写真としても使えます。

人物を撮る際には顔を上部の交点にのどちらかに配置することで、良い雰囲気になります。その際には、右を向いているなら左の交点、左を向いているなら右の交点に配置することで、向いている方向に空間を持たせ、窮屈ではなく、目線の先に何かありそうなストーリー性を写真に持たせることが出来ます。

スポンサーリンク

 二分割構図

三分割構図に名前は似ていますが、交点が無いので、風景などを撮る際に直線的なもので上下を分けて撮影する構図です。

すこーし完全な二分割とはズレていますが・・・。笑

海を表現したような”面”的なイルミネーションと、空(その他イルミネーションも含む)とを分けてみました。

スポンサーリンク

 対角線構図

対角線上に被写体を配置したり、対角線を引いた上半分・下半分に前ボケなどを入れる構図です。

前者のパターンであれば、橋や線路などの直線的な人工物や、植物の枝などに向いている構図ですし、

後者のパターンであれば、風景や人物撮影にもむいていると思います。

この写真の場合、太陽の光を透かして明るくなっている葉っぱを対角線上に配置してみました。

スポンサーリンク

 サンドイッチ構図

柱などを左右両脇に写し込み、その上で被写体を捕らえるという構図です。

私は子供を遊具と一緒に撮る際などに使うこともあります。

スポンサーリンク

 トンネル構図・額縁構図

サンドイッチ構図を上下も隠して、枠の向こうに被写体を捕らえる構図です。

トンネル構図は曲線で切り取った構図、額縁構図は直線で切り取った構図なので、まとめて書きました。

額縁構図は額縁となるラインが平行四辺形になっているか、真四角ならカメラを傾けてやると雰囲気が出ます。

スポンサーリンク

 放射線構図

画像内の直線が一点に集まってくるような構図

直線が多く、遠くの一点で収束する駅等でかっこよく撮れる構図です。

駅の写真を以前撮影したのですが、インスタに上げてから、元画像をどこにやったかわからなくなったので、インスタからキャプチャしなおしてきました・・・。笑

駅(放射線構図)

駅ではなくても、道を使って放射線構図にすることも出来ます。

スポンサーリンク

 シンメトリー構図

左右対称となるように撮影する構図です。

インドのタージマハルの写真等でよく見る構図で、日本でこの構図を最も使いやすいのは、神社仏閣を真正面から捉えた場合だと思います。

スポンサーリンク

 まとめ

他にもアルファベット構図、三角構図、日の丸構図辺りが基本的な構図かな?と思いますが、参考画像が無かったので、また撮影したら追記します。

いかがだったでしょうか?

構図という定番パターンを覚えるだけで、プロっぽい写真や、オシャレな写真が撮れる様になる気がしませんか?

まずは最も汎用性があって、効果が大きい、三分割構図を試してみてください!

構図の効果に加えて、狙った作品作りが出来るようになるカメラのマニュアルモードの使い方はこちらから確認してください。

脱初心者の第一歩。まずはこの3つ[SS、F値、ISO]を触ってみよう!
一眼レフやミラーレスをオートでの撮影をやめて脱初心者しませんか?まずは、シャッタースピード、F値、ISOを理解して、写真の明るさを調整しましょう。写真は光を記録することなので、この3つが最も基本的で、最も重要で、最も応用が出来る部分です。

それでは、他のページも見ていただいて、一緒に写真のある生活を楽しみましょう♪

少しでも疑問が解消できたり、参考になったという方はシェアボタンを宜しくお願いします!!m(_ _)m

コメント