コンパクトデジタルカメラ(通称コンデジ)って何?一眼との違いは?

一般的にデジタルカメラ(デジカメ)と言ったらどのようなものを想像しますか?

電気屋さんのデジカメコーナーで多種多様な商品が売られている↓↓このような↓↓モノではないでしょうか?

コンデジ 画像

私も、一眼に興味が出るまでデジカメと言えは上の写真のようなカメラ一眼というのはレフ機のごっついカメラと言う認識でした。

しかし、今やレフ機もフィルムカメラの方が珍しく、所謂デジイチ(デジタル一眼レフの略)という製品がメインで、一眼も、コンデジもどちらもデジタルカメラなのです!

今回は、デジタルカメラをコンパクトデジタルカメラ(コンデジ)と一眼に分けた際に違いは何なのかを紹介します。

結論としては、レンズが付替えられるかどうかですが、うんちくを語ります…笑

スポンサーリンク

 サイズの違い?

コンパクトと言うからには小さいカメラなんでしょう?と思われる方も多いと思います。
しかし、これは半分正解で半分間違いです。
まず、正解の理由ですが、実際に家電量販店なんかでデジカメコーナーに行くと、ほとんどの機種が手のひらサイズですよね!
さらに、どんどんと薄型化、軽量化されているため、ポケットに入れておいて、いつでもどこでも撮影が出来て、とても便利です。
半分間違いと言った理由としては、NikonのCOOLPIXのPシリーズの様に一見すると一眼レフのような大きなカメラもコンパクトデジタルカメラに分類されることがあるのです。
どう見ても”コンパクト”ではないですよね・・・。
では、このような機種は何がコンパクトなのでしょうか?
スポンサーリンク

 イメージセンサーの違い!

コンパクトデジタルカメラがコンパクトなのは、実はイメージセンサーのことだったのです。

人物や風景撮影にプロが使用するカメラに搭載されているフルサイズイメージセンサーや、主にエントリーモデルの一眼に搭載されているAPS-Cセンサーに対して、コンデジのイメージセンサーはかなり小さいのです。

これにより、画質や画角に大きな違いが発生します。詳しくは以下のページをご覧ください。

イメージセンサーとは?サイズが違うと何が変わるの?
フルサイズ、APS-C、マイクロフォーサーズ等センサーの違いはありますが、なぜフルサイズは広角で、何故フルサイズが高画質なのかを説明します。センサーサイズの違いによる写真の主な違いは画角と画質です。また、何故フルサイズが36mm×24mmなのか等、関連する話題にも触れています。
ひとまず、イメージセンサーは大きい方が画質が良く、一眼機の方が金額が高いのはこれが理由だと認識していただければ問題ありません。
スポンサーリンク

 プレミアムコンデジの登場により・・・

最近ではイメージセンサーのサイズが大きく(1型以上)なったり、SSやF値を操作できたりする”プレミアムコンデジ”というものが登場しています。
1型のイメージセンサーであれば、OLYMPASのPENなどのミラーレス機に多く使用されているマイクロフォーサーズよりも小さいセンサーですが、機種によってはAPS-Cサイズやフルサイズのセンサーさえも搭載しているコンデジがあるとのことです。
ということで、今では、レンズ一体型のデジカメのことをコンデジと言うのが一般的なようです。
スポンサーリンク

 コンデジのメリット・デメリット

ここで言うコンデジとは、一旦、外観がコンパクトなものを指すと考えてください。
〈メリット〉
・小さく、持ち運びに便利
・スマホのカメラよりは綺麗に取れる
・一眼に比べて堅牢性が高い(一眼では中級以上の機種で防塵・防滴がありますが、水中撮影は出来ないのに対して、コンデジは水中撮影可能や、対衝撃や対温度に関しても充実した機種が多い)
<デメリット>
・一眼の方が画質が綺麗
・一眼の方が色々な撮り方が出来る
・レンズが換えられない分、画角や写し方が制限される
スポンサーリンク

 まとめ

コンデジはコンデジで便利ですし、一眼は一眼で綺麗で楽しいですので、どちらも必要に応じて使い分けると良いかもしれません。

実際に、私も旅行に行くときはどちらも持って行きますし、プールや川、雪山に行く時にはコンデジだけ持って行きますので、どちらが優れているというわけでもないと思います!

それでは、他のページも見ていただいて、一緒に写真のある生活を楽しみましょう♪

少しでも疑問が解消できたり、参考になったという方はシェアボタンを宜しくお願いします!!m(_ _)m

どんぐり出張フォトサービス
この記事が役立ったら
いいね!しよう
ブログ更新情報やサービス情報をお届けします
カメラ基本
スポンサーリンク
windkindaiteiをフォローする
旅好きカメラマンの備忘録

コメント