ミラーレス一眼と一眼レフの違いって?どっちを買うべき?

ミラーレス

デジタルカメラ売り場に行くと、コンパクトデジタルカメラ、ミラーレス一眼、一眼レフと色々なカメラが売っています。

コンパクトデジタルカメラ(通称、コンデジ)と一眼との違いは以下の記事で紹介しました。

コンパクトデジタルカメラ(通称コンデジ)って何?一眼との違いは?
コンパクトデジタルカメラ(通称コンデジ)と一眼カメラとの違いをまとめました。一眼の楽しさをお伝えするサイトですが、コンデジはコンデジで便利で、実際に両方持っている方も多いと思います。最近はコンデジも進化(所謂プレミアムコンデジ)していると言うことを初めて知りましたので、それについても記載しています。

では、ミラーレスとレフ機の違いは何なのでしょうか?

購入前に知っておきたい、違いを紹介します。

スポンサーリンク

 そもそも、レフって?

一眼レフのレフというのはもとはドイツ語らしいですが、英語も同様で、ReflectのRefの部分で、反射という意味ですので、間接的に鏡のことを指しています。

ミラーレスのミラーはそのまま、鏡という意味です。

つまり、一言でいうと、ミラーも、レフもどちらも鏡を表しています。

ということで、ミラーレス一眼とは鏡がなくてレンズが付替えられるカメラ一眼レフとは鏡があってレンズが付替えられるカメラを指しています。

スポンサーリンク

 構造上の違い

ミラーレスとレフ機の違い

ミラーレスとレフ機の構造上の違いはこの図のような違いです。

ミラーレスの構造

ミラーレスはレンズを通ってきた光はカメラ本体のイメージセンサーで受け止めますので、最初に載せた画像のように、レンズを外すとすぐにセンサーがあります。

そのため、背面モニターのみで撮影するか、電子ビューファインダー(EVF)搭載機ではファインダーを覗いて撮影ができますが、いずれもイメージセンサーに写っている映像をモニターに映し出すという構造です。

ミラーがない分コンパクトになるのが最も大きな特徴です。

レフ機の構造

一方、レフ機はレンズを通ってきた光はミラーで反射し、さらにペンタプリズムで反射して、ファインダー越しに目に届きます。

つまり、レフ機ではレンズを通ってきた光そのものをファインダーで見られるという構造です。

スポンサーリンク

 ミラーレスのメリット・デメリット

メリット

・前述の構造を示した図でも示したように、ミラーレスは何よりコンパクトなため、レフ機に比べて持ち運びに便利です。

・電子ファインダーのため、ファインダーをのぞきながら明るさや色味等の仕上がりを確認しながら撮影できる。

・顔認証AFや瞳AF等メーカーによって多少の違いがあるが、人物のAFに強い。

・ミラーショックがないので、シャッター音が静か。

デメリット

・液晶モニターを使用していることや、コンパクト化によるバッテリーの容量が小さくなることにより、バッテリーの持ちがレフ機よりも悪い。

・ファインダー内部も液晶のため、多少のラグがあり、動き物の撮影に強くない。

・連写やオートフォーカスの性能が低いものがある。

・もともとミラーレスが中心ではないメーカー(CanonとNikon)ではミラーレス用のレンズが少ない。

スポンサーリンク

 レフ機のメリット・デメリット

メリット

・光学ファインダーなので、遅延がなく被写体を追いかけられる。

・本体が大きい分、しっかりとグリップができる。

・ファインダーを覗いている間は液晶を使用しない上に、大容量バッテリーを搭載できるため、バッテリー持ちが良い。

・純正、サードパーティー製を含め、レンズの種類が豊富

・エントリーモデルでもオートフォーカス・連写の性能がそこそこ高い。

・シャッターが「いかにも写真を撮っている」という満足感がある。

デメリット

大きく、重たい分、持ち運びが大変

・電子ビューファインダーではないので、ライブビュー撮影や、1枚撮影してからでないと仕上がりを確認できない。

顔認証AFなどの機能はライブビュー撮影時にしか使用できない。

スポンサーリンク

 ミラーレスとレフ機、どっちを買うべき?

ミラーレスの市場が広まっています。

ミラーレス機は2008年、2009年頃にPanasonicやオリンパスからマイクロフォーサーズのミラーレス一眼が発売され、2011年、2012年にAPS-Cサイズのセンサーを搭載したミラーレス一眼が各メーカーから投入されていきました。

その頃はミラーレス一眼はコンパクトでデザイン性に優れており、女性が持つのに写真の綺麗さとコンパクトさを両立したカメラで、写りだけを追求する人はレフ機を使用するという印象でした。

しかし、そういった小さめのミラーレスは今もより一層の充実をしていますが、それとは別に、αブランドをミノルタ⇒コニカミノルタから継承したソニーが2013年にフルサイズミラーレスとしてα7を発売して以来、しばらくソニー1強だったフルサイズミラーレス市場に2018年以降キャノンとニコンも参入し、フルサイズミラーレス機は毎年のように派生バージョンが発売され、フルサイズミラーレス用レンズも充実してきています。

今後、フルサイズミラーレスの市場が今以上に発展することを考えると、ミラーレス機と、ミラーレス専用のレンズを導入するというのも一つの手かもしれません。

但し、現状ではまだレンズのラインナップや、性能はレフ機の方が充実しています。

個人の感想ですが、電子ビューファインダーのカクカク具合がもう少し改善すれば、フルサイズミラーレスに移行しても良いと考えており、現状ではレフ機を買う方が良いと感じています。

スポンサーリンク

 まとめ

ミラーレス一眼と一眼レフ機の違いを比較して紹介しました。

フルサイズミラーレスはフルサイズレフ機よりもコンパクトですし、今後、より一層進化・改善し、いずれは主要になると考えています。

それを見越してミラーレスに移行していくのか、使い勝手がより充実してから移行していくのかは個人次第だと思います。

また、フルサイズじゃなくても良い、可愛くおしゃれにスマホや、コンデジよりはきれいな写真を撮りたいという方はデザイン性の高いミラーレス一眼のオリンパスPENや、Fujifilmのクラシック調のカメラがおススメです!

それでは、他のページも見ていただいて、一緒に写真のある生活を楽しみましょう♪

少しでも疑問が解消できたり、参考になったという方はシェアボタンを宜しくお願いします!!m(_ _)m

どんぐり出張フォトサービス
この記事が役立ったら
いいね!しよう
ブログ更新情報やサービス情報をお届けします
カメラ基本
スポンサーリンク
windkindaiteiをフォローする
旅好きカメラマンの備忘録

コメント