F値を大きくして絞りすぎにご注意!回折現象とは?

F値の説明記事でも少しだけ触れましたが、絞りを絞るとくっきりシャープな写真に仕上がります。

F値を変更するとどうなる?
F値の使い方をを紹介します。F値は明るさの他に、ボケを活かしたオシャレな写真にするのか、それとも全体的にくっきり写した写真にするのかを調整できます。F値を変化させることによって生じる変化を実際の写真を交えて紹介します。

これは、収差の少ない、レンズの中心部分のみを使えるからで、明るいところではAPS-Cが案外画質が良いと言われるのもこのためです。

レンズの美味しいところ
何故「もう1段~2段絞った方が綺麗」と言われるのか?同じレンズを使った時にフルサイズよりもAPS-Cの方が綺麗と言われるのは何故なのか。それは、どちらもレンズの中心を活用しているため、綺麗になるのです。では、何故レンズの中心を使うと写真が綺麗なのか、それらの理由を説明しています。

しかし、絞りすぎると回折現象というものが発生し、写真がぼやけたようになってしまいます。

今回は回折現象とはなぜ発生するのか、どのような現象なのかを実写と図を用いて解説します。

スポンサーリンク

 回折現象の確認

まずは回折現象が本当に起こっているのか確認してみましょう。

お札は造形が細かいので、福沢諭吉さんの顔の部分を使わせて頂きました。

【回折現象】F4.0

F4.0

【回折現象】F5.6

F5.6

【回折現象】F8.0

F8.0

【回折現象】F11

F11

【回折現象】F16

F16

【回折現象】F22

F22

クリックして拡大していただくとわかりやすいと思います。

F4.0~F11あたりまではおでこの縦線が明確に見えているのではないでしょうか?

特に、F4.0~F8.0は縦線と縦線の間に細かい横線が入っていることもわかります!

F16やF22は縦線がぼんやりと見えますよね?

このように滲んだようなぼやけ方をしているのが回折現象によるものなのです。

 

スポンサーリンク

 どうして起こるの?

光は障害物にぶつかると、その障害物に遮られなかった光は障害物の裏側に回り込もうとする性質があります。

回折現象とは、写真がぼやけることを指すのではなく、この物理法則のことを指します。

写真の場合、外部から入ってきた光を絞りが遮ります。

遮られた光は回折現象を起こして、絞りの裏側で広がりながらイメージセンサーに向かいます。

回折光の影響をほとんど受けないように撮影すると、綺麗な写真になるのです。

【回折現象】高解像絞りの図

しかし、しぼりを絞りすぎて回折光を利用した写真を撮ると、先ほどの福沢諭吉のような滲みが発生してしまいます。

このことを小絞りボケと言い、いわゆる回折現象による写真の劣化というものです。

【回折現象】小絞りボケの図

スポンサーリンク

 まとめ

回折現象による小絞りボケの原理を紹介しました。

細かい部分のシャープさが失われてしまうということが実際に比較していただくとわかったかと思います。

回折現象の影響を受けないように綺麗な写真を撮ることができるのはF5.6~F8.0、許容範囲はF11くらいまでですので、意識して撮影してみてください!

ただ、大きく引き伸ばしたり、納品するようなことがないならF16やF22も使っても良いかもしれませんね。

あと、この回折現象を利用した撮影としては、光芒(光条とも言う?)の撮影がありますので、詳しくは以下の記事を参考にしてください。

光芒とは?光芒の写し方!
光芒について、光芒が出る仕組みや本数などを紹介します。加えて、光芒の写し方を紹介します。明るい光源があれば簡単に撮影できるので、この記事を参考に、工場を初めとした各種夜景や、日中のぎらぎらとした太陽を撮影してみてはどうでしょうか?

それでは、他のページも見ていただいて、一緒に写真のある生活を楽しみましょう♪

少しでも疑問が解消できたり、参考になったという方はシェアボタンやランキング応援ボタンのクリックを宜しくお願いします!!m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ  

どんぐり出張フォトサービス
この記事が役立ったら
いいね!しよう
ブログ更新情報やサービス情報をお届けします
カメラ基本
スポンサーリンク
windkindaiteiをフォローする
旅好きカメラマンの備忘録

コメント