コスパ最高の撒き餌レンズ、EF50mm F1.8 STM【レンズレビュー】

Canonの撒き餌レンズであるEF50mm F1.8 STMの使用感や作例を紹介します。

撒き餌レンズとは何ぞや?というのは、以下のリンクをご覧ください。

【初心者にオススメ!】最初に買うべき撒き餌レンズ、またの名をシンデレラレンズ
明るくて大きいボケと描写力を安い価格で得られる高コスパの標準単焦点レンズである撒き餌レンズ(=シンデレラレンズ)を紹介します。そんな高コスパレンズが撒き餌レンズと呼ばれている理由や、各メーカーの撒き餌レンズをまとめました。是非、最初に買うべきレンズとして参考にしてみてください。

今回紹介するこのレンズ、本当に安くて綺麗でボケが大きくて明るいので、高コスパレンズだと思います。

スポンサーリンク

 軽量・コンパクト

マウントからレンズ先端まで39.3mm、外径69.2mm、重量約160gと、軽量コンパクトで持ち運びに便利で、カメラボディをフルサイズハイアマチュア機の5DMarkⅣに装着しても約1,050g、エントリーモデルに装着すると700g以下となります。

かなり軽く、疲れないのでブレも少なくなり、長時間撮影しやすいということです。

スポンサーリンク

 F1.8による明るさ・大きいボケ味

単焦点レンズのため、開放F値1.8とかなり明るく、ボケ味も大きいレンズです。

単焦点レンズの説明は以下を確認してください。

単焦点レンズとは?その魅力は?
単焦点レンズとは何なのか?何故明るいのか?何故綺麗に移るのか?なぜ初心者の練習に向いていると言われるのか?それらの理由をまとめて、単焦点レンズの魅力を紹介します。単焦点であることでシンプルなレンズ構成となり、結果として明るく、綺麗になります。初心者の練習に向いている理由は画角が一定だから。そのあたりをまとめました。

明るいレンズのメリット

レンズが明るいと言うことは、光量の少ない屋内や、夜間、曇り空でもSSを早めたり、感度を低く抑えてノイズの少ない綺麗な写真を撮影することが出来るということです。

シャッタースピードを変更するとどうなる?
シャッタースピードの使い方を紹介します。シャッタースピードを操作することで得られる明るさ調整以外の効果は「流動性」で、流動性とは悪く言えばブレですが、被写体だけをブラしたり、被写体は止めて背景だけをブラした作品作り(流し撮り)も可能になります。このページはその概要を説明しています。

子供を撮影する際、SSは最低でも1/100、できればより早いSSが必要となります。

SSを早くすると、写真は暗くなるので、感度を高めざるを得なくなりますよね…。

感度を高めると画質は低下するので、できるだけ綺麗な写真を撮る為にはレンズ自体が出来るだけ明るいとこの点が有利になるのです!

また、絞り込んで暗くすることは可能であるので、単純にSSの自由度が高いと言うことでもあります。

大きなボケ味

F値は小さければ小さいほどボケが大きくなります。

写真を際立たせる背景ボケを作る方法!ボケの4要素!
一眼らしいボケ味を活かした写真を作るにはこの記事に書いた4つの要素を把握すれば可能となります。「F値」、「焦点距離」、「被写体との距離」、「被写体と背景との距離」の4点を原理はさておき、どうすればより大きなボケを作れるのかを端的にまとめています。

ボケが大きくなると、被写体が浮き彫りになります。

しかし、使用した感じでは、F4にしても、なんとなくキットレンズのボケ味よりも大きなボケが得られているような気がするくらいです。

ボケの感じは後半の作例のところを参考にしてみてください。

スポンサーリンク

 絞り枚数による玉ボケ

木漏れ日や、イルミネーション、水面の反射などの点光源をぼかしたら丸いボケが出来ます。

玉ボケ

玉ボケの形は絞りの枚数が多くなればなるほど真ん丸に近づいていきます。

このレンズの1世代前のレンズは絞り枚数が5枚でしたが、このレンズでは7枚になりましたので、より綺麗な玉ボケが作れると言うことです。

スポンサーリンク

 金属マウント

プラスチック製のマウントよりも、金属製のマウントの方がより耐久性が高いです。

そういった理由で、金属の方がプラスチック製マウントよりも高級と言う認識となります。

金属マウントのメリットは耐久性と高級感です。

スポンサーリンク

 作例

私がこのレンズで撮影した写真を紹介します。

最後の観覧車以外はどれも背景のボケが目立つと思います。

被写体が浮き彫りになったり、観覧車については、支柱の細かい部分もしっかり捉えられているのではないでしょうか?

スポンサーリンク

 まとめ

いかがでしょうか?

撒き餌レンズの代表格だけあって、価格に対して高スペックだと思います!それも、他メーカーのものに比べてかなり高コスパだと思います!

交換レンズを購入する場合は、まずは撒き餌レンズを購入することをお勧めします。

中でもこのレンズについてはCanonユーザーの特権と言われることもあるレンズですので、是非!!

EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応レンズ(Canon)
EF50mmF1.8stmamazon楽天Yahoo!
Rentio で3泊4日レンタル月間レンタル

それでは、他のページも見ていただいて、一緒に写真のある生活を楽しみましょう♪

少しでも疑問が解消できたり、参考になったという方はシェアボタンを宜しくお願いします!!m(_ _)m

どんぐり出張フォトサービス
この記事が役立ったら
いいね!しよう
ブログ更新情報やサービス情報をお届けします
レンズ
スポンサーリンク
windkindaiteiをフォローする
旅好きカメラマンの備忘録

コメント