スポンサーリンク
小物等その他

【レビュー】薄くてカメラバッグの隙間に収納しやすいRangersフィルターケース

フィルターが複数枚になると、まとめて保存できると便利です。そこで、今回はおススメの収納力があり、薄型でケース自体もカメラバッグに収納しやすいRangers製の薄型フィルターケースを紹介します。Kenkoの同型の商品よりも安いので、費用対効果は抜群です。
カメラ基本

NDフィルターの効果-日中野外での長秒露光や明暗差が大きいところで明るい部分の白飛び防止に!

日中の滝や、流し撮りをしたい時、花火や道路の光跡を撮りたい時など、長秒露光が必要ですが、SSを長くすると撮影すると白飛びしてしまう場合に、レンズのサングラスであるNDフィルターを使用します。NDフィルターとは何なのか、なぜND2、ND4、ND8、ND16等の違いがあるのか、何を選べばよいのかなどを紹介します。
カメラ基本

PLフィルターの効果!水面の反射を抑え、色を鮮やかにする魔法のアイテム

かすみを写さず、反射を防ぎ、色を鮮やかにする魔法のフィルターPLフィルターを紹介します。実際の写真を用いてPLフィルターを使用するとどのように変化するのかを紹介し、PLフィルターの選び方も紹介しています。
カメラ基本

測光の各モードの違いとは?実写で図解!

一眼には測光モードを選択する画面がありますが、測光とはそもそも何なのか。各モードはどのような違いがあるのか評価測光、部分測光、平均測光の違いを紹介し、実際の写真や露出計はどのように変化するのかを画像を交えて紹介します。
静岡‐観光

富士スピードウェイおすすめ観戦スポット&撮影スポット!

富士スピードウェイでのおすすめの観戦スポット、フォトスポットを紹介します。それぞれ個人的なランキング形式で5ヶ所ずつ紹介しています。まずは説明を読んでみて、ご自身の目的に合わせてだまされたと思って行ってみてください。おそらく後悔はさせません。もしも本当に騙されたと感じてしまったらごめんなさい。
撮り方

サーキットではどうやって撮るの?撮影のポイントを紹介

サーキットでの撮影は色々な撮影ができるので、楽しく、仕上がりも格好良いです。しかし、サーキットに行ったことがない人や、サーキットに行ったことはあるけど、撮影をしたことがないという方は多いのではないでしょうか?今回はそんな方でもサーキットでの撮影を120%楽しむ方法を紹介します。
その他

【写真で図解】カメラストラップを手首に巻く方法

カメラストラップを手首に巻いている方をたまに見かけますが、どうやって巻くのかわかりづらいですよね。そこで、今回は実際に巻き付ける写真とともに巻き方を紹介します。カメラのネックストラップの滑り止めは便利なのですが、稀に服や鞄に引っ掛かって扱いづらいですよね?そういったことを防ぎつつ、もしもの落下も防げるので、おすすめです。
撮り方

動く被写体を迫力満点の写真に!流し撮りの仕方&あったら便利なアイテム

動いている被写体に対して、被写体は止めて背景をブレさせる流し撮りは臨場感や躍動感が伝わる撮影方法です。流し撮りはスポーツやレース観戦、子供の運動会や公園の遊具など、多くの場面で迫力のある写真が撮影できます。今回は流し撮りをする際の設定方法とあれば便利な道具を紹介します。
カメラ基本

小さいセンサーで焦点距離600㎜超え相当の超超望遠レンズに

焦点距離400mmの超望遠レンズでもまだまだ被写体が遠いなんてことはありませんか?600mm以上の超望遠レンズが欲しくなるけれど、そんな焦点距離のレンズは純正だと150万円オーバーです。そこで、センサーの小さいカメラに400mm程度の超望遠レンズを装着することで実質的に600mm以上相当の画角を安く手に入れる方法を紹介します。
レンズ

【大人気Lレンズ】キャノン純正望遠ズーム!EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM【レンズレビュー】

キャノンユーザー憧れの白レンズで、純正超望遠ズームレンズで人気ナンバーワンのEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMの使用感や作例、このレンズがバージョンアップして良くなった点を紹介します。重いレンズではありますが、超望遠の中では軽いほうですし、そこさえ慣れれば扱いやすいレンズでおすすめです。